秋田の方言(秋田弁)勉強・学習サイト

第2課:場所代名詞・指示形容詞・格助詞「さ」「で」

第2課:場所代名詞・指示形容詞・格助詞「さ」「で」

 みなさん、こんばんは。

 

 秋田弁講座会話篇、第2課を始めますよ。

本文:(赤字は今日の学習で習うもの。黄色は今までの課で習った項目。)

太郎:花子、ん前ぁこんだ時間にどごさ行ぐ?今九時ンだ

太郎:花子、君、こんな時間にどこへ行くんだい?今九時だよ?

花子:わい、あどそんだ時間なったってげぁなもよ、冷蔵庫空なってあったがら、そごのコンビニまンで買い物に行ぐど思って。

花子:うわ、もうそんな時間になったってかい?いやね、冷蔵庫が空になっていたから、そこのコンビニまで買い物に行こうと思って。

太郎:なんと、この夜中にあんだどご女子[おなこ゚]一人ンで行ぐどってげぁ?それンだば駄目ンだ。夜中に女子一人してあぐものンでねぁ。

太郎:なんと、この夜中にあんなところへ女一人で行こうってかい?それは駄目だよ。夜中に女が一人で歩くものではない。

花子:あいー、ん前ぁまだ心配[しんぺ]ぁ症ンだごど。あっこまンでンだばすく゚ンだねぁが。こごがらあすこまンで五分もかがらねぁべ?なんもおっかねぁがるごどねぁ。

花子:ああもう、あんたはもう心配性なんだから。あそこまでならすぐじゃないの。ここからあそこまで五分もかからないでしょう?なにも怖がることはないわ。

太郎:なんだ近けぁどごンだたって女子一人して夜中に出歩ぐものンでねぁ。近けぁどごンでおっかねぁ事件に巻き込まれるごどもいっぺぁあるあんだ?まず買い物ンだば明日朝間にンでも行げば良べ?今日ンだばまず家ンでいれ。

太郎:どんな近いところだとしても女が一人で夜中に出歩くものではないよ。近いところで怖い事件に巻き込まれることもたくさんあるんだよ?とにかく買い物なら明日朝にでも行けばいいだろう?今日はとにかく家にいなさい。

語釈:黒字は重要単語。

①~や?→~よ?例文:明日学校ンだや?夜更かしして大丈夫ンだあんだが? 俺も行ぐがら、ん前ぁも来[]や?②あど→もう。例文:ご飯あどいな?おがわりしてもいあんだや? あっ、あど時間だな。せば俺らそろそろ帰るは。③~ってげぁ?→~というのか?例文:これも嫌ンだってげぁ? こんだごども知らねってげぁ?④なもよ→いやさ。いやね。説明・弁解・言い訳などの前置きの言葉。例文:なもよ、ん前ぁもし欲しごったらん前ぁさ呉[]るがなど思って。 なもよ、たまに一緒に散歩ンでもしたらいべがなーど思って。⑤どご→ところ。例文:ん前ぁこんだどごンで働でだなげぁ? おや、これこんだどごンであったなげぁ。 ⑥~どって:~と言って。~と思って。例文:嫌ンだどっておが騒く゚子居だ。 あれンだば多分このぐれぁ許してけるべどってわか゚まま言った。⑦~げぁ→~かい。秋田弁では、省略疑問文を作る際によく用いる。例文:今日げぁ? 今がらげぁ? 夜にげぁ? まだげぁ? そのうぢ行ぐ。―そのうぢげぁ?今って言えでぁ。 明日あれ一人して来るどは。―一人してげぁ?それンだば心配[しんぺ]ぁンだごど。⑧女子[おなこ゚]→女。女性。年齢は関係なし。例文:老人会さ行ったっけ、男人[おどごひと]方なんもいねぁして、女子方ばりいであった。 俺も女子ンだもの。化粧ぐれぁするでぁ。⑨~人して→~人で。例文:二人して行ぐ。 一人して遊ぶ。⑩あぐ→歩く。行く。うろつく。例文:これあっちゃ持ってあんでけれ。 あの人ンだば酒飲みンだもの。毎晩酒飲んであがねぁば駄目ンだえんだ。

―今日の学習―

①場所代名詞

「こご」…ここ。

「そご」…そこ。

「あすこ」「あっこ」…あそこ。

「どご」…どこ。

例文:こごどごンだ?ここどこだ?こごンだば秋田ンだ。ここは秋田だよ。そごさなにある?そこに何があるの?そごってどごそこってどこそごってあすこよ、あの電信柱立ってるどご。そこってあそこだよ、あの電信柱が立っているところ。あー、あっこげぁ。ああ、あそこかい。

 

②指示形容詞

「こんだ」…こんな。

「そんだ」…そんな。

「なんだ」…あんな。

「あんだ」…どんな。

例文:ん前ぁなんだ服欲し?君はどんな服が欲しい?こんだ服ンだばなんとンだ?こんな服ならどうだい?そんだ服俺ら着てぁぐねぁ。そんな服、私は着たくないよ。せばなんだ服ンだらいな?じゃあどんな服ならいいの?あんだ服ンだら俺も着てみでぁな。あんな服なら私も着てみたいな。

 

③格助詞「さ」「で」

a.「さ」~へ。~に。基本的に方向性のある「に」だと考えればいい。ただし、時に存在場所(「どこそこにある」の「に」)を表すこともある。

b.「(ン)で」標準語の「で」と全く同じ。但し、秋田弁では、「~にいる」「~にある」「~に住む」等の「に」を、「~でいる」「~である」「~で住む」と言うことがある点に注意。

例文a:ん前ぁどご行ぐ?君、どこ行くの?これん前ぁやる。これをお前やろう。も言ってけれでぁ。も言ってくれよ。秋田住む。秋田住む。

例文b:ん前ぁ今どごンでいだ?君、今どこいるの?俺ら今学校ンでいだ。私は今学校いる。昔あれ秋田ンで住んであった。昔彼は秋田住んでいた。机の上ンで布巾あったべ?机の上布巾があったでしょ?

 

終いに

 以上で今日の秋田弁の勉強は終い。

 

 ではまた。へばなー。

関連ページ

第1課:人代名詞・指定の助動詞「だ」
この講座では、秋田弁会話をもとに、秋田弁を勉強していきます。
第3課:形容詞の活用・指示副詞
このページでは、秋田弁会話を通して、形容詞の活用や指示副詞について勉強します。
第4課:形容詞語幹の作り方・形容動詞の活用・準体助詞「あじ」「な」
今回は、秋田弁会話から、形容詞語幹の作り方や、形容動詞の活用、それに、準体助詞の「あじ」「な」について学びます。
第5課:動詞の活用
今回は、秋田方言の動詞の活用について、秋田弁会話を通して学びます。
第6課:サ変の活用・打消の助動詞「ねぁ」の活用・非難・指摘「ねぁ」
今回は秋田弁会話から、動詞「する」の活用と、打消の「ねぁ」の活用と、非難の「ねぁ」について学びます。
第7課:カ変の活用・けるの活用・受動の「に」・目的の「に」
このページでは、動詞「来る」の活用と、動詞「ける」の活用、受動の「に」、目的の「に」について、秋田弁会話を題材に学びます。
第8課:いであった・てあった・んだ・あんだ
今回は、「いた」「ていた」「そうだ」「のだ」に相当する秋田弁を学びます。
第9課:使役「せる/らせる」・願望「てぁ」・補助動詞「てる」
今回は、使役の助動詞と、願望の助動詞、それに補助動詞「てる」について勉強します。
第10課:「た」の時制・補助動詞「てぐ」・推量「らし」
今回は、秋田弁における過去の助動詞「た」の時制についてと、補助動詞「てぐ」、推量「らし」の勉強をしますよ。
第11課:助動詞「えんだ」「みでぁんだ」「べ」及び意志を表す終止形
今回は、「ようだ」「みたいだ」「だろう」「う/よう」に相当する秋田弁をご紹介します。
第12課:「たっけ」「たえっと」「そーンだ」「なンだ」
今回は、秋田弁の「たっけ」「たえっと」「そーンだ」「なンだ」について勉強します。
第13課:秋田弁の「できる」「できない」
今回は、秋田弁の「できる」「できない」について学びます。
第14課:引用の「と」・仮定の「ば」
このページでは、引用の格助詞「と」と、仮定の接続助詞「ば」について、会話を通して学んでいきます。
第15課:数え言葉、及び音韻変化「れ」→「え」、「らねぁ」→「ねぁ」
今回は、数え言葉と、発音の変化「れ」→「え」、「らねぁ」→「ねぁ」について、会話を通して学びます。
第16課:「どこ」の派生表現・音韻変化「せ」→「へ」
このページでは、対象「を」の意味を表す「どご」の派生表現と、「せ」が「へ」になる発音の変化について学びます。
第17課:「~の家」・「る」の省略・「えんだ」の派生表現・「-んだ-」「-んで-」の清音化
今回は、タイトルにある通りの4つについて学びます。
第18課:「人代名詞+の+どご+ンで/に/さ」の省略形・発音変化「-る」→「-っ」・秋田弁の依頼表現・慣用表現「人代名詞+ほ[方]」
このページでは、タイトルにある4つの項目について、秋田弁会話を基に勉強していきます。
第19課:「話題の月・週の日にち」「擬態語-でぁ」「『言う』の省略表現」
今回は、秋田弁における曜日や日付の言い方や擬態語の形容詞、言うの省略形について勉強します。
第20課:秋田弁の敬語
今回は、秋田弁の丁寧語の文体について取り上げます。
第21課:接続詞の別形・文末の「って」・年齢の言い方・「に」の特殊用法
今回は、秋田弁の、接続詞の別形、文末の「って」、年齢の言い方、「に」の特殊用法について学びます。
第22課:意志を表す将然形・「○羽」の発音・「以上」の言い方・「こま」の意味
このページでは、上にあるようなことについて、秋田弁会話を通して学びます。

サイト管理人プロフィール


ホーム RSS購読 サイトマップ
発音篇 翻訳篇 会話篇 韻文篇 参考情報 コラム集1 コラム集2