秋田の方言(秋田弁)勉強・学習サイト

読んで覚える秋田弁初級篇2:形容詞

初級篇2:形容詞

 みなさん、こんにちは。

 

 今回は、秋田方言を読んで覚えようという講座の2回目です。

 

 今回は、形容詞について勉強します。

1.本文

 秋田雨降りの日余計[よげ]ぁンだ1)。雨の日余計[よげ]ぁンだばなんとンだ?雨降りの日余計ぁンだば空暗れぁ日余計ぁンだ。雨の日は空暗れぁ。

 

 秋田の人色白れ人余計ぁンだ。なして2)秋田、肌の色白れ人余計ぁンだ?それンだばじんじょ3)、お天気の日少ねぁがらンだべ。なしてお天気の日少ねぁば色白れぐなる?お天気の日少ねぁして曇りの日・雨降りの日余計ぁンだば、日に当だるごど少ねぁぐなる。もし日に当だるごど少ねぁがら、日焼げするごどねぁべ?じんじょそれンで肌の色白れあんだ4)

 

 昨日秋田雨ンであった。雨降りンであったがら、空ンだば暗れぁがった。昨日ンだば風も強がった5)。風強がったがら外歩ぐ人も少ねぁがった。昨日もし空暗れぁぐねぁして、風も強ぐねぁがったらなんとンであったべ?もし空明りくて風も弱ゑがったら、外歩ぐ人余計ぁンであったべな。

 

語釈:1)余計ぁンだ:「余計だ」「多い」。 2)なして:「どうして」「何故」。 3)じんじょ:「きっと」。 4)あんだ:断定・説明「のだ」「のである」。 5)強れ:「強い」。 6)んだら:「それなら」

 

2.文法学習

①:形容詞の終止形作る術[すべ]

標準語の「赤い」は、秋田弁で「赤[]げぁ」ンだ。「浅い」ンだば「浅[]せぁ」ンだし、「甘い」ンだば「甘[]めぁ」ンだ。標準語の形容詞の、最後の「あい」は、秋田弁でンだば「えぁ」ンだあんだ。

 

せば「暗い」って秋田弁でなんとなる?「暗[]れぁ」ってなる。せば「うるさい」ンだばなんとなる?「うるせぁ」ってなる。「辛い」ンだばなんとンだ?「辛い」ンだば「辛[]れぁ」ンだ。んだら6)「深い」「臭い」「痛い」ンだば「深[]けぁ」「臭[]せぁ」「痛[]でぁ」ンだべ。

 

 標準語の「嬉しい」は、秋田弁で「嬉し」ンだ。「悲しい」ンだば「悲し」ンだし、「楽しい」ンだば「楽し」ンだ。標準語の形容詞の、最後の「いい」は、秋田弁でンだば「い」ンだあんだ。

 

せば「寂しい」って秋田弁でなんとなる?「寂し」ってなる。せば「虚しい」ンだばなんとなる?「虚し」ってなる。「苦しい」ンだばなんとンだ?「苦しい」ンだば「苦し」ンだ。んだら「白々しい」「よそよそしい」「ばかばかしい」ンだば「白々し」「よそよそし」「ばがばがし」ンだべ。

 

 標準語の「薄い」は、秋田弁で「薄[]し」ンだ。「温[ぬる]い」ンだば「温[]り」ンだし、「厚い」ンだば「厚[]ぢ」ンだ。標準語の形容詞の、言葉の終わりの「うい」は、秋田弁でンだば「い」ンだあんだ。

 

せば「きつい」って秋田弁でなんとなる?「きぢ」ってなる。せば「安い」ンだばなんとなる?「安[]し」ってなる。「悪い」ンだばなんとンだ?「悪い」ンだば「悪[]り」ンだ。んだら「低い」「憎い」「けだるい」ンだば「低[]ぎ」「憎[]ぎ」「けンだり」ンだべ。

 

 標準語の「酷い」は、秋田弁で「酷[]ンで」ンだ。「凄い」ンだば「凄け゚」ンだし、「白い」ンだば「白れ」ンだ。標準語の形容詞の、語末の「おい」は、秋田弁でンだば「え」ンだあんだ。

 

せば「黄色い」って秋田弁でなんとなる?「黄色[きー]れ」ってなる。せば「黒い」ンだばなんとなる?「黒[]れ」ってなる。「広い」ンだば「広[]れ」ンだ。んだら「くどい」「鋭い」「むごい」ンだば「くンで」「鋭ンで」「むけ゚」ンだべ。

 

 標準語の「さらさらだ」は、秋田弁で「さらさらでぁ」ンだ。「ねばねばだ」ンだば「ねばねばでぁ」ンだし、「ぱりぱりだ」ンだば「ぱりぱりでぁ」ンだ。

 

秋田弁の「さらさらでぁ」「ねばねばでぁ」「ぱりぱりでぁ」は形容詞ンだ。秋田弁でンだば、「擬態語+でぁ」ンで擬態語の形容詞なるあんだ。

 

 納豆はねばねばでぁ。ねばねばでぁぐねぁ納豆ンだば納豆ンでねぁ。昨日の納豆もねばねばでぁがった。昨日の納豆、ねばねばでぁして美味[]めぁがった。納豆ねばねばでぁば、納豆らしして俺[]ら好ぎンだ。

 

 せんべーはぱりぱりでぁ。ぱりぱりでぁぐねぁせんべーンだばせんべーンでねぁ。昨日のせんべーもぱりぱりでぁがった。昨日のせんべー、ぱりぱりでぁして美味[]めぁがった。せんべーぱりぱりでぁば、せんべーらしして俺[]好ぎンだ。

 

 温[あった]けぁ布団はふかふかでぁ。綺麗ンだ髪はさらさらでぁ。砂地[すなじ]はざらざらでぁ。空家[からえ]1)はがらがらでぁ。大っき服ンだばがほがほでぁ2)し、若げぁ人方[ひとがだ]ンだばしゃんしゃんでぁ3)

 

語釈:1)空家…「空き家」。2)がほがほでぁ…がほがほ。服どが靴どが大っきしてサイズ合わねぁ様子どご言う。3)しゃんしゃんでぁ…健康ンで元気ンだ様子どご言う。

 

②:形容詞の活用

 標準語の形容詞、語幹知らねぁば活用させられねぁ。秋田弁の形容詞ンだばなんとンだ?秋田弁でも同じンだ。秋田弁でも、語幹知らねぁば形容詞活用させられねぁ。

 

 秋田弁の形容詞の語幹、なんとして求めるにい1)?秋田弁の形容詞語幹ンだば、秋田弁の形容詞の終止形ど同じンだ。んだがら終止形分がれば、語幹分がったど同じンだあんだ。

 

 せば秋田弁の形容詞の終止形、なんとして求めるにい?秋田弁の形容詞の終止形ンだば、さきた2)「①:形容詞の終止形作る術[すべ]ンで習った通りンだ。んだがら、標準語の終止形分がれば、秋田弁の終止形求めるにいし、終止形=語幹ンだがら秋田弁の語幹も求めるにいあんだ。

 

 標準語の形容詞、終止形ど連体形ど同じンだ。秋田弁だばなんとンだ?秋田弁の形容詞ンでも、終止形ど連体形ど同じ形っこンだ。秋田弁の形容詞、なんとして終止形求めるにい?秋田弁の形容詞の終止形ンだば、秋田弁の形容詞の語幹どまったぐ同じ形ンだ。んだがら秋田弁の形容詞ンだば、語幹=終止形=連体形ンだあんだ。

 

 んだがらもし形容詞語幹「赤げぁ」ンだら、「空赤げぁ。」みでぁにも使うにいし、「赤げぁ空」みでぁにも使うにい。まだもし形容詞語幹「嬉し」ンだば、「俺嬉し。」みでぁにも使うにいし、「嬉し知らせ」みでぁにも使うにい。同じえに、語幹「薄し」ンだら、「味薄し。」みでぁにも「薄し味」みでぁにも使うにいし、語幹「酷ンで」ンだば、「あの人酷ンで。」みでぁにも「酷ンでひと」みでぁにも使うにい。秋田弁の形容詞ンだば、語幹ど終止形ど連体形ど、皆[んな]同じ形っこ取るあんだ。

 

 標準語の「形容詞語幹-く」って、秋田弁でなんと言う?標準語の「形容詞語幹-く」ンだば、秋田弁でンだば「形容詞語幹-ぐ」って言う。んだがら「赤-くなる」ンだば「赤げぁ-ぐなる」ンだし、「嬉し-くない」ンだば「嬉し-ぐねぁ」ンだし、「薄-くする」ンだば「薄し-ぐする」ンだし、「酷-くはない」ンだば「酷ンで-ぐンだばねぁ」ンだ。標準語の「形容詞語幹-く」ンだば、秋田弁でンだば「形容詞語幹-ぐ」ンだあんだ。

 

 せば標準語の「形容詞語幹-くて」ンだば、秋田弁で「形容詞語幹-ぐで」ンだが?んでねぁ3)。標準語の「形容詞語幹-くて」ンだば、秋田弁で「形容詞語幹-して」ンだ。んだがら「赤-くて」ンだば、秋田弁で「赤げぁ-して」ンだし、「嬉し-くて」ンだば「嬉し-して」ンだし、「薄-くて」ンだば「薄し-して」ンだし、「酷-くて」ンだば「酷ンで-して」ンだ。

 

 んだンども4)時々、秋田弁の「形容詞語幹-して」ンだば、「形容詞語幹-くて」っても言う。んだがら「赤げぁ-して」ンだば「赤げぁ-くて」っても言うし、「嬉し-して」ンだば「嬉し-くて」っても言うし、「薄し-して」ンだば「薄し-くて」っても言うし、「酷ンで-して」ンだば「酷ンで-くて」っても言う。標準語の「形容詞語幹-くて」ンだば、秋田弁で「形容詞語幹-して」って言ったり「形容詞語幹-くて」って言ったりするあんだ。

 

 んだら、標準語の「形容詞語幹-くても」って、秋田弁で「形容詞語幹-しても」なの「形容詞語幹-くても」なの5)って言うあんだが?んでねぁ。標準語の「形容詞語幹-くても」ンだば、秋田弁で「形容詞語幹-っても」ンだ。んだがら「赤-くても」ンだば「赤げぁ-っても」ンだし、「嬉し-くても」ンだば「嬉し-っても」ンだし、「薄-くても」ンだば「薄し-っても」ンだし、「酷-くても」ンだば「酷ンで-っても」ンだ。標準語の「形容詞語幹-くても」ンだば、秋田弁で「形容詞語幹-っても」ンだあんだ。

 

 標準語の「形容詞語幹-かっ」って、秋田弁でなんと言う?標準語の「形容詞語幹-かっ」だば、秋田弁でンだば「形容詞語幹-がっ」って言う。んだがら標準語の「赤-かった」ンだば、秋田弁で「赤げぁ-がった」ンだし、「嬉し-かったら」ンだば「嬉し-がったら」ンだし、「薄-かったり」ンだば「薄し-がったり」ンだし、「酷-かった時期」ンだば「酷ンで-がった時期」ンだ。標準語の「形容詞語幹-かっ」だば、秋田弁で「形容詞語幹-がっ」だあんだ。

 

 標準語の「形容詞語幹-ければ」って、秋田弁でなんと言う?「形容詞語幹-ければ」ンだば、秋田弁でンだば「形容詞語幹-ば」って言う。んだがら「赤-ければ」ンだば「赤げぁ-ば」ンだし、「嬉し-ければ」ンだば「嬉し-ば」ンだし、「薄-ければ」ンだば「薄し-ば」ンだし、「酷-ければ」ンだば「酷ンで-ば」ンだ。標準語の「形容詞語幹-ければ」ンだば、秋田弁で「形容詞語幹-ば」ンだあんだ。

 

 とごろンで、標準語の古[ふる]6)形容詞の仮定形さ、「形容詞語幹-からば」ってある。これ、秋田弁でンだばなんとなるあんだべ?標準語の「形容詞語幹-からば」ンだば、秋田弁でンだば「形容詞語幹-がら」って言う。んだがら「赤-からば」ンだば「赤げぁ-がら」ンだし、「嬉し-からば」ンだば「嬉し-がら」ンだし、「薄-からば」ンだば「薄し-がら」ンだし、「酷-からば」ンだば「酷ンで-がら」ンだ。昔ンだば「形容詞語幹-がらば」っても言ってあったえんだンども7)、今ンだば「形容詞語幹-がら」って言う。標準語の「形容詞語幹-からば」ンだば、秋田弁で「形容詞語幹-がら」ンだあんだ。

 

語釈:1)求めるにい:「求めることができる」。秋田弁でンだば、「動詞連体形+に+良[]」ンで、可能の意味表すにいあんだ。 2)さきた:「さっき」。 3)んでねぁ:「そうではない」。「違う」。人言ったごどか゚、事実ど違う時期に言う応答の言葉。 4)んだンども:「だけども」。んだたって。だンども。 5)…なの~なの:「…だの~だの」。 6)古し:古[]り。地域にもよるべンども、俺ら家ンでンだば、「古い」ンだば「古[]り」ンでねぁして、「古[ふる]し」って言う。んだがら活用ンだば、「古しぐねぁ」「古しして」「古しっても」「古しがった」「古し」「古し家」「古しば」「古しがら」みでぁになる。 7)言ってあったえんだンども:「言っていたようだけれども」。「てあった」は、「ていた」って意味ンだ。「えんだ」は、「ようだ」って意味ンだ。「ンども」は「けれども」って意味ンだ。「形容詞語幹-がらば」につでンだば、『秋田方言』で本さ少しばり言及ある。んだンども「-がらば」の方ンだば、今ンだばまず聞がねぁ。死語ンだあんだべ。

 

3.活用

 

 

活用語尾

例:「寒ンび」

参考:標準語の場合

例:「寒い」

語幹

寒び-

-

連用形1

-

-

-

-

連用形2

-がっ

-がっ

-かっ

-かっ

終止形

-

-

-

-

連体形

-

-

-

-

仮定形1

-

-

-けれ

-けれ

仮定形2

-がら

-がら

-から

-から

 

注意1:秋田弁の形容詞語幹作る術[すべ]は、以下の通りンだ。

()語末の母音か゚-あい」ンだ形容詞→-えぁ」

例:赤[]→赤[]げぁ 深[]→深[]けぁ

 

()語末の母音か゚-いい」ンだ形容詞→-い」

例:嬉しい→嬉 懐かしい→懐か

 

()語末の母音か゚-うい」ンだ形容詞→-い」

例:ぬるい→ぬ 厚[]→厚[]

 

()語末の母音か゚-おい」ンだ形容詞→-え」

例:黒[]→黒[] 白[]→白[]

 

注意2:標準語の「語幹-くて」は、秋田弁でンだば「秋田弁語幹-して」ってなるごど余計ぁンだ。或いは、「秋田弁語幹-くて」ってもなる。

例:赤くて→赤げぁして/赤げぁくて 嬉しくて→嬉しして/嬉しくて

 

注意3:標準語の「語幹-くても」は、秋田弁でンだば「秋田弁語幹-っても」ってなる。

例:赤くても→赤げぁっても 嬉しくても→嬉しっても

 

注意4:仮定形1使う時期は、必ず仮定の「ば」どご直後さ付けねぁばならねぁ。

例:暗れぁ電気つけれ。 遅せ電話寄越せ。

 

注意5:仮定形2使う時期は、仮定の「ば」ンだば使わねぁ。

例:暗れぁがら電気つけれ。 遅せがら電話寄越せ。

 

注意6:仮定形2ンだば、90近けぁ年寄りンだば使うごどあるたって、5060過き゚だぐれぁの人方ンだばまず使わねぁ。じんじょ古し言葉ンだあんだべ。

 

終わりに

 以上にて、今回の秋田弁講座はおしまいです。

 

 それではまた次回。へばなー。

 

 

関連ページ

読んで覚える秋田弁初級篇1:指定の助動詞
こちらの講座では、秋田弁を読みながら秋田弁を学んでいくという、やや変わった形式での勉強をやっていきます。

サイト管理人プロフィール


ホーム RSS購読 サイトマップ
発音篇 翻訳篇 会話篇 韻文篇 参考情報 コラム集1 コラム集2