秋田方言・秋田弁発音講座

追記1:鼻母音の発音方法

追記:鼻母音の発音方法

 みなさん、こんにちは。

 

 今回は、ちょっと調べ物をしてるうちに鼻母音の発音方法のより確からしいものを見つけてきたのでご報告に参った次第であります。

標準語にも鼻母音はある?

 実はわたくし、次の課の記事を書くにあたって、改めて鼻母音について調べておりました。

 

 その結果、実は鼻母音って標準語にもあるということが判明。

 

 すなわち、「『~+ん+母音』の時、『~ん』は鼻母音の長音となる」というルールがあったのでした。

 

例:勘案[かんあん]→実際の発音は「かーンあん」 陰々[いんいん]→実際の発音は「いーンいん」 雲煙[うんえん]→実際の発音は「うーンえん」 全員[ぜんいん]→実際の発音は「ぜーンいん」 音韻[おんいん]→実際の発音は「おーンいん」 等々

 

 実際に上の単語を発音してみてください。勘案の「かん」、陰々の初めの「いん」、雲煙の「うん」、全員の「ぜん」、音韻の「おん」が、それぞれ鼻から抜ける音になっているのが確かめられましたでしょうか?

 

 なお、鼻母音の後は後ろに小さく「ん」の響きが残りますが、それは秋田方言でも同じ。鼻母音は言い終わった後小さく「ん」の響きが残るものと納得してください。

 

 以下、この現象を応用して、改めて鼻母音の練習方法について述べていきたいと思います。

鼻母音「あン」の実践練習

 まずは「あン」の練習からいきましょう。

 

鼻母音「あン」の練習手順

①まず、「あんあん泣く」と言ってみてください。その最初の「あん」の音が秋田方言の「あーン」の音となります。その鼻から抜ける感覚を覚えておいてくださいね。
②感覚をなんとなく掴んだところで、「あんーーあんーーあんーーあんーーあーーー」と一息で(息継ぎなしで)言ってみましょう。どうです?最後の「あーーー」ももはや鼻から抜ける音になっていませんか?その音が秋田方言における鼻母音「あン」なわけですよ。

 

いかがでしたか?かなり楽に発音できたんじゃあないでしょうか、その音を前置きなしで出せるようになれば、

③鼻母音「あン」の習得は完了です。

 

 その鼻母音に、カ行音、サ行音、タ行音等等各種行音をつければ、「かン」「さン」「たン」なども発音できますよー。、

鼻母音「いン」の実践練習

 さて、お次は鼻母音「いン」の練習ですね。

 

 「あン」のときと同じ手順で、ちゃちゃっと鼻母音を習得しちゃいましょう。

 

1.鼻母音「いン」の練習手順

①まず、「陰々[いんいん]とした」と言ってみてください。その最初の「いん」の音が秋田方言の「いーン」の音となります。その鼻から抜ける感覚を覚えておいてくださいね。
②感覚をなんとなく掴んだところで、「いんーーいんーーいんーーいんーーいーーー」と蝉の鳴き声の如く一息で長々と言ってみましょう。最後の「いーーー」ももはや鼻から抜ける音になっているかと思います。その音が秋田方言における鼻母音「いン」となります。
③前置き無しで、単独でその音を出せたら鼻母音「いン」の習得完了となります。

鼻母音「うン」の実践練習

 さて、お次は「うン」の実践練習ですね。

 

 以下の手順に従って練習してみましょう。

 

鼻母音「うン」の発音手順

①標準語の「うんうんうなる」と言ってみましょう。その最初の「うん」が鼻母音「うーン」となります。
②鼻から抜ける感じをつかんだら、「うんーーうんーーうんーーうんーーうーーー」と蝉の「みんみんみんみんみー」ののりで一息で言ってみましょう。最後の「うーーー」の音はすでに鼻から抜ける母音、すなわち鼻母音「うン」になっているはずですよ。
③その音を前置きの「うんーー」というの無しで言えたら鼻母音「うン」の習得完了です。

鼻母音「えン」の実践練習

 さて、お次は鼻母音「えン」の練習ですね。

 

 まぁ今までと同じやり方ですね。

 

鼻母音「えン」の発声て順

①「延々[えんえん]と続く」と言ってみましょう。そのときの最初の「えん」が鼻母音の長母音「えーン」の音です。
②鼻から抜ける感じがつかめたら、「えんーーえんーーえんーーえんーーえーーー」となだらかに、息継ぎを入れずに蝉のごとく言ってみましょう。最後の「えーーー」はすでに鼻母音「えン」となっているはずです。
③その音を前置きおかずに言えるようになったら「えン」の習得完了です。

鼻母音「おン」の実践練習

 さて、お次は鼻母音「おン」ですね。

 

 同じ要領で練習していきましょう。

 

鼻母音「おン」の発音手順

①「音韻[おんいん]」と言ってみましょう。その「おん」の音が鼻母音「おン」の長音「おーン」です。
②次に、「おんーーいんーーおんーーいんーーおーーー」と息継ぎ無しで言ってみましょう。もはやすべての音が鼻から抜ける音になってるかと思いますが、最後の「おーーー」が今回習得すべき音「おン」となります。
③その感覚を覚えたら、あとは前置きなしで言えるようになればいいだけです。

鼻母音「えぁン」

 最後は、秋田方言の第6の母音「えぁ」の鼻母音版「えぁン」ですね。

 

 標準語にはない音ですが、「えぁ」さえ発音できれば、別段難しくもありません。今までの鼻母音の練習のやり方と同じ。単に「えぁ」に変えればいいだけです。

 

鼻母音「えぁン」発音手順

①「えぁんーーえぁんーーえぁんーーえぁんーーえぁーーー」と息継ぎ無しで言いましょう。鼻音なので息継ぎは必要ありません。息が続く限り言い続けられます。最後の「えぁーーー」の音が鼻母音「えぁン」の音となります。
②その音を単独で出せるようになれば習得完了です。ヤッタネ!

おわりに

 以上にて、鼻母音の発音練習はおしまいです。

 

 いかがでしたが?第3課の時に比べたら、雲泥の差で分かり易かったのではないでしょうか。余計な小難しい説明もしてませんし、今回。

 

 ともあれ、ちゃんと鼻母音を習得していただけたら幸いです。

 

 それでは今回はこの辺で。へばなー。

 

 

 

 

 

関連ページ

第1課:母音
このページでは、秋田弁の母音について勉強していきます。
第2課:無声母音
このページでは、『秋田方言』の音韻篇を参考に、秋田弁の発音について勉強していきます。
第3課:鼻母音
このページでは、『秋田方言』の音韻篇を参考に、秋田弁の発音について勉強していきます。
第4課:子音①「カ行音」
このページでは、『秋田方言』の音韻篇を参考に、秋田弁の発音について勉強していきます。
第5課:子音②「サ行音」
このページでは、『秋田方言』の音韻篇を参考に、秋田弁の発音について勉強していきます。
第6課:子音③タ行音
このページでは、『秋田方言』の音韻篇を参考に、秋田弁の発音について勉強していきます。
第7課:子音③「その他」
このページでは、『秋田方言』の音韻篇を参考に、秋田弁の発音について勉強していきます。
第8課:長音・促音・撥音
このページでは、『秋田方言』の音韻篇を参考に、秋田弁の発音について勉強していきます。
第9課:その他取りこぼし。
このページでは、『秋田方言』の音韻篇を参考に、秋田弁の発音について勉強していきます。
第10課:文の発音
このページでは、『秋田方言』の音韻篇を参考に、秋田弁の発音について勉強していきます。
追記2:接頭辞・接尾語と発音変化
このページでは、『秋田方言』の音韻篇を参考に、秋田弁の発音について勉強していきます。
最終課:秋田方言文字表記法
このページでは、『秋田方言』の音韻篇を参考に、秋田弁の発音について勉強していきます。

サイト管理人プロフィール


ホーム RSS購読 サイトマップ
発音篇 翻訳篇 会話篇 韻文篇 参考情報 コラム集1 コラム集2