秋田の方言(秋田弁)勉強・学習サイト

6.「べぁっこ」「くゎしばご」「ゆえ」「あだり」

秋田弁会話:名詞篇第6課

 みなさんこんにちは。

 

 今回は6回目の名詞篇です。

6.「べぁっこ」「くゎしばご」「ゆえ」「あだり」

-会話-

A:かー、ご飯こえンだばちょっとよげぁンだでぁ。もー少し減らしてけれ。

訳:母さん、ご飯これだとちょっと多いよ。もう少し減らしてくれ。

B:あい、めずらしごど。ん前ぁいっつもンだばこえぐれぁすんま食うあじ。なに、せばこえぐれぁげぁ?

訳:まぁ、めずらしいわねぇ。あなたいつもならこれくらいすぐ食べるのに。え、じゃあこれくらい?

A:なも、もっと減らしてけれー。

訳:いや、もっと減らしてくれ。

B:あい、これよりもっとげぁ?せばこんたべぁっこンでいな?

訳:あら、これよりもっと?じゃあこれっぽっちでいいの?

A:えー、そえぐれぁンでいやは。

訳:ああ、それくらいでいいよ。

B:あい、…ほんとになにしたな?いっつもひとへもふたへも食う人、こんたべぁっこンでいでごどあるもんだってげぁ。

訳:まぁ、…本当にどうしたの?いつも一背負いも二背負いも[=いっぱい]食べる人が、これっぽっちでいいということがあるものですか[=あるはずがない]

A:…なも、なもさねぁや?

訳:…いや、なにもしていないよ?

B:ほんとンだがや?なにがまま食う前ぁにもの食ったあんでねぁが?

訳:本当かしら?なにかご飯を食べる前に食べたんじゃないの?

A:…なも、んでねぁー。おらンだばなも食ゎねぁー。

訳:…いや、違うよ。おれはなにも食べていないさ。

B:…口のあだりさなにンだが茶色れなつでだや?

訳:…口の周りになんだか茶色いのがついているわよ?

A:…。

訳:…。

B:…とー、そごの棚のゆえさあるくゎしばご、空なってだえんだンども…。

訳:…お父さん、そこの棚の上にあるお菓子の箱、空になっているようだけれど…。

A:…、おらしらねぁ。

訳:…。おれはしらない。

B:あいー、ん前ぁもまだ、素直に認めればまんだめんけあじに。…今ンだば正直に言ってければごしゃがねぁや?

訳:もうー、あなたったら、素直に認めたらまだ可愛い気があるのに。…今なら正直に言ってくれたら怒らないわよ?

A:…ほんとにごしゃがねぁ?

訳:…本当に怒らない?

B:えー、ごしゃがねぁごしゃがねぁ。んだがら正直に言えー。

訳:ええ、怒らない怒らない。だから正直に言いなさい。

A:…悪り。ご飯前ぁにそごの棚のゆえさあか゚ってあったくゎしばご開げでチョコレート食ってしまった。

訳:…ごめん。ご飯前にそこの棚の上にあがっていたお菓子の判子を開けてチョコレートを食べてしまった。

B:…やっぱりげぁ?それンだもの。こんたべぁっこンでいーって言うなンだ。…んだンどもん前ぁも根性悪りごど。なしておらなも食ゎねぁなんて嘘つだ?

訳:…やっぱり?通りで。これっぽっちでいいと言うわけね。…けどあなたも意地が悪いわね。どうして自分はなにも食べていないなんて嘘をついたの?

A:…なも、正直に言えば前ぁかっておがごしゃがえっともって。

訳:…いや、正直に言ったらお前に酷く怒られると思って。

B:あい、前ぁもまだ、…子供ンでもねぁあじ、だえそんたかがどごそーおっかねぁか゚るでごどあるってはー。…まずいーンどもよー、今度がらこんたごどするなやー?

訳:もう、あなたったら…子供でもないのに、だれがそんな妻のことをそうも怖がるということがあるっていうの。…まぁいいけどねぇ、今度からはこんなことしないでよ?

A:…はい、気をつけます。

訳:…はい、気をつけます。

 

-単語-

①「~べぁっこ」:「~ぽっち」。「こんたべぁっこ」なら「これっぽっち」、「そんたべぁっこなら「それっぽっち」、「あんたべぁっこ」なら「あれっぽっち」という意味。必ず前に「こんた」「そんた」「あんた」のいずれかの言葉を付けて使う。例:なに、めぁままそんたべぁっこンでいな?流石に足えねぁぐねぁが、そえンだば。[え、あなたご飯それっぽっちでいいの?流石に足りなくない、それじゃあ。]なんと、ナマケモノってあんたべぁっこの食事で生ぎでぐにいもんだあんだが?たいしたものンだごど。[おやまぁ、ナマケモノってあれっぽっちの食事で生きていけるものなのか?たいしたものだなぁ。]なに、魚釣ったってこんたべぁっこげぁ?なんとこえンだばおがずっこにもなねぁンだげンだねぁは。[え、魚を釣ったってこれっぽっちかい?まったくこれじゃあおかずにもならない程度じゃないか。]

②「くゎしばご」:お菓子を入れる入れ物のこと。「菓子箱」。厳密には方言ではない。例:このくゎしばごたいした綺麗ンだごど。とっておだ方いなは。[この菓子箱はとても綺麗だなぁ。とっておいた方がいいね。]こら、誰ンだこのくゎしばごそさなけ゚だな。[こら、誰だよこの菓子箱をそこに捨てたのは。]

③「ゆえ」:上。例:とー、悪りンどもそごの荷物テーブルのゆえさあけ゚でおでけれ。[お父さん、悪いけどそこの荷物をテーブルの上にあげておいてちょうだい。]こら、机のゆえさ上か゚るもんでねぁ。[こら、机の上に上がるもんじゃあない。]

④「あだり」:周り。例:おえンだば幸せンだ。あだりの人がだままんでいー人ばりンだもの。[私は幸せだよ。周りの人たちがみんないい人ばかりだもの。]口のあだりさ米っこつでだやは?ちゃんと拭でとれー。[口の周りに米がついているよ?ちゃんと拭いてとりなさい。]

 

おわりに

 では今回はこのへんで。

 

 へばな。

サイト管理人プロフィール


ホーム RSS購読 サイトマップ
発音篇 翻訳篇 会話篇 韻文篇 参考情報 コラム集1 コラム集2