秋田の方言(秋田弁)勉強・学習サイト

42.音韻変化

音韻変化

 みなさん、こんにちは。

 

 こちらでは、現代秋田弁の音韻変化について学習していきたいと思います。

現代秋田弁の音韻変化

 現代秋田弁の音韻変化は、用言以外にも色々あるので、こちらは音の変化毎に分類して説明していこうと思います。

 

1.「れ」が「え」になる音韻変化
①動詞のうち、終止形末尾が「-れる」となるもの→秋田市の秋田弁では「-える」となるのが普通。簡略すると「-れる」の「れ」→「え」。

この包丁切れね→この包丁切えね 疲れだ→疲えだ 流れる→流える
売れる薬→売える薬 枯れれば→枯えれば 別れれ!→別えれ!

説明:仮定形「-れれば」「-れれ」は、「-えれば」「-えれ」となります。間違っても「-ええば」「-ええ」などと言わないように気をつけましょう。
注意:能力可能表現の「-れる」には、このルールは当てはめられません。

○:自転車さ乗れる。 早いぇぐ起ぎられる。
×:自転車さ乗える。 早いぇぐ起ぎらえる。

「(物が)売れる/切れる/取れる」などは、能力可能表現ではなく、ただの自動詞です。それ故このルールに当てはめることができます。

 

②動詞のうち、終止形末尾が「-りる」となるもの→秋田市の秋田弁では「-える」となるのが普通。簡略すると「-りる」の「り」→「え」。

足りね→足えね 借りだ→借えだ 借りる→借える
降りる時→降える時期 足りれば→足えれば 降りろ→降えれ

説明:正確には、秋田弁では普通「-りる」→「-れる」となるのですが、①で習ったように、秋田市では「-れる」→「-える」となるので、結果的に「-りる」→(「-れる」)→「-える」で「-える」となるわけです。

 

③助動詞「-れる」「-られる」は、秋田市では「-える」「-らえる」となります。つまり、「-れる」「-られる」の「れ」→「え」。

書がれね→書がえね      見られね→見らえね
書がれだ→書がえだ      見られだ→見らえだ
書がれる(時)→書がえる(時期) 見られる→見らえる(時期)
書がれれば→書がえれば    見られれば→見らえれば
書がれれ→書がえれ      見られれ→見らえれ

説明:現代の秋田市の秋田弁では、「られね」→「らんね」とはなりませんので、そこは近代と混同しないよう注意してください。

 

④現代の秋田市の秋田弁では、代名詞の「れ」→「え」になります。

人代名詞:おれ→おえ あれ→あえ これ→こえ だれ
物代名詞:これ→こえ それ→そえ あれ→あえ どれ→どえ

 

2.「せ」が「へ」になる音韻変化
①動詞のうち、終止形の末尾が「-せる」のもの→秋田市の秋田弁では「-へる」となるのが普通です。要するに「-せる」の「せ」→「へ」。

寄せね→寄へね 任せで→任へで 見せる→見へる 乗せる時期→乗へる時期 寝せれば→寝へれば 任せろ→任へれ

 

②動詞のうち、仮定形が「-せば」となるもの→秋田市では「-へば」となる場合があります。これはそれほど頻繁には聞かれません。

例:外せば→外へば 放せば→放へば

 

③動詞のうち、命令形が「-せ」となるもの→秋田市では「-へ」となる場合があります。これもそれほど頻繁には聞かれません。

例:外せ→外へ 放せでぁ→放へでぁ

 

④サ変の仮定・命令形「-せば」「-せ」→秋田市で「-へば」「-へ」となることがあります。これは五分五分くらいの頻度で、結構聞かれますね。

例:せば→へば 我慢せば→我慢へば せ→へ 我慢せ→我慢へ

説明:秋田弁のサ変動詞の仮定形・命令形には、「すれ」「せ」の二つの形がありますが、「へ」になるのは、そのうちの「せ」の方です。

 

⑤使役の助動詞「-せる」「-らせる」→秋田市では普通「-へる」「-らへる」となる。要は「-せる」「-させる」の「-せ」→「-へ」。

歌わせね→歌わへね       考えらせね→考えらへね
歌わせた→歌わへだ       考えらせだ→考えらへだ
歌わせる(時期)→歌わへる(時期) 考えらせる(時期)→考えらへる(時期)
歌わせれば→歌わへれば     考えらせれば→考えらへれば
歌わせれ→歌わへれ       考えらせれ→考えらへれ

 

⑥接続詞「せば」→秋田市で「へば」。

せば大丈夫だあんだな?→へば大丈夫だあんだな?
せばまず、そーいうごどで。→へばまず、そーいうごどで。

 

⑦感動詞「せばなー」→秋田市で「へばなー」。

せばなー。→へばなー。

 

3.「る」が「っ」になる音韻変化
①「-る時期[じぎ]」→「-っ時期[じぎ]」となるのが普通です。

ごみ投げる時期→ごみ投げっ時期 家[え]でいる時期→家[え]でいっ時期

 

補足:「っ時期」に関しては、「っ」すら省略されることもよくあります。

ごみ投げる時期→ごみ投げ時期 家でいる時期→家でい時期

注意:「-る」の部分は動詞・助動詞の末尾です。「あるところに」などの「ある」が付いた時に「あっ時期」「あ時期」と言うかまでは断定できません。そもそも口語で「ある~」なんてほぼ使いませんし。使う場面に出くわしたことがないのでなんとも言えないのです。

 

②「-るどご」→「-っとご」となるのが普通です。

ごみ投げるどごもね。→ごみ投げっとごもね。
ちょーどバスさ乗るどごであった。→ちょーどバスさ乗っとごであった。

 

例外「死ぬどご」→「死んとご」となるのが普通。

風邪かって死ぬどごであった→風邪かって死んとごであった
病院より死ぬどごねものな、今。→病院より死んとごねものな、今。

説明:近代では「死んご」だったようですが、現代では清音「」で発音します。

 

③「~-るど思う」→「~-っと思う」となるのが普通です。

お前さ食ゎへるど思ってこしぇだあじ。
→お前さ食ゎへっと思ってこしぇだあじ。

 

④「~しようと…する」の意の「~-るどって」→「~-っとって」となるのが普通です。

お前さ食ゎへるどってこしぇだあじ。
→お前さ食ゎへっとってこしぇだあじ。

 

⑤まれにではありますが、「~るが」は、「~っか」となることがあります。

銭あるが?→全あっか?
よし。へばやってみるが。→よし。せばやってみっか。

 

⑥まれにではありますが、伝聞「~るど」→「~っと」となることがあります。

あれも来るど。→あれも来っと。
もー少し頑張ってみるどは。→もー少し頑張ってみっとは。

 

⑦まれではありますが、「~るども」→「~っとも」と言うことがあります。

あるにはあるども→あるにはあっとも
メモだばするども、多分忘れるや?→メモだばすっとも、多分忘れるや?

 

4.「ら」「る」が省略される音韻変化
①四段活用ラ行動詞の打消形「-らね」→「-ね」となるのが普通です。

取らね→取ね ならね→なね 登らね→登ね 乗らね→乗ね

説明:標準語の口語で、「取らない」→「取んない」、「ならない」→「なんない」となるのと同じですが、それが更に早まって「ん」が抜けたものと思われます。

 

例外:「知らね」「要らね」「分がらね」は、習慣的に「ら」は省略できない模様です。

○:知らね・要らね・分がらね
△:分がね(稀に聞く。)
×:知ね・要ね(聞かない。)

 

②禁止「-るな」→「-な」となることがよくあります。

もの盗るな→もの盗な もの投げるな→もの投げな 考えるな→考えな

説明:標準語口語で、「盗るな」→「盗んな」「投げるな」→「投げんな」などとなるのと同じです。やはり秋田弁は早口なので、結果的に「ん」が抜けたのでしょう。

 

③状況可能表現「-るに良」→「-に良」となるのが普通です。

こごの図書館だばもの食べるに良。→こごの図書館だばもの食べに良。
こごの家の庭広れがら沢山苗植えるに良がった。
→こごの家の庭広れがら沢山苗植えに良がった。

説明:近代秋田方言で、「るに良」→「んに良」となっていたところから見ると、これも「るに」→「んに」が早く言われるようになった結果なのでしょう。

 

④動作の目的「-るに(+行ぐ/来る等)」→「-に(+行ぐ/来る等)」となるのが普通です。

なにが食べるに行ぐがは?→なにが食べに行ぐがは?
忘れ物取るに家さ帰った。→忘れ物取に家さ帰った。

説明:これも近代秋田方言との比較で考えると、「るに」→「んに」→(早口になる)→「に」となったのでしょう。

 

5.撥音化色々
 撥音化とは、つまり発音が「ん」に変化する現象のことです。現代秋田弁としては、以下のようなものがあります。

 

①「~ものだ」→「~もんだ」となるのが普通です。

そーいうものだ→そーいうもんだ そんだごど言うものでね→そんだごど言うもんでね 良ー物[もの]だば買う。→良ー物[もん]だば買う。

説明:「~ものだ」の「だ」は指定の助動詞「だ」。よってその活用形たる「で」「であった」「だら」が付く時にもこのルールに従うことになります。

 

②終助詞「もの」+「な」の「~ものな」→「もんな」「おんな」とも。

あれだばまだ子供だものな。→あれだばまだ子供だもんな/子供だおんな。
秋田だば寒びものな。→秋田だば寒びもんな/寒びおんな。

説明:「おんな」と発音する際は、「ん」は普通きわめて短く発音され、ほとんど「おな」のように聞こえます。

 

③「なのって」→「なんて」と言うことの方が多い。

行ぐなのってだば俺ら言わねや?→行ぐなんてだば俺ら言わねや?
「んだべなー」なのって、笑ってあったもんだ。
→「んだべなー」なんて、笑ってあったもんだ。

 

6.指示語の音韻変化
①方角代名詞+さ→「さ」が「ゃ」になることが多々ある。

あっちさ行ぐ。→あっちゃ行ぐ。 こっちさ来い→こっちゃ来い。

説明:これは近代から続く現象ですね。

 

②場所代名詞「こご」「そご」「どご」+格助詞「に」「さ」「で」→「ご」がよく抜けます。

こごにね?→こにね? そごであったべ?→そであったべ? どごさやった?→どさやった?

説明:「あっこ」「あすこ」にはこういう変化はありません。まぁそもそも「ご」がないので当然と言えば当然ですね。
補足:なお、「どご」については、「どに」「どで」があるかは不明です。いえ、聞いたことがないもんですから。多分あると思いますけどね。

 

③場所代名詞「こご」「そご」「どご」+格助詞「がら」→「こっから」「そっから」「どっから」と言うのが普通です。

めどごがら来た?→めどっから来た? こごがらはさみ持ってげ。→こっからはさみ持ってげ。 そごがら始めるなが?→そっから始めるなが?

 

補足:不定疑問詞「どごさが」の省略
「どごさが」→「ご」を省いて、「どさが」と言うのがむしろ普通です。

どごさが行ぐあんだが?→どさが行ぐあんだが?
どごさがねもんだべが?→どさがねもんだべが?

注意:ちなみに(人や地域にもよるかもしれませんが)、「どごがさ」「どっかさ」という表現は、秋田市のお年寄りの秋田弁としては聞きません。

 

7.格助詞「の」の省略
①「名詞[人代名詞以外]+の+家」→「名詞+ね」となることが多い。

あっこの家→あっこ家[ね] こごの家→こご家[ね] 向がいの家→向[む]げ家[ね] 人の家→人家[ひとね] 太郎の家→太郎家[たろーね]

説明:「のえ」が詰まって「ね」の一音となったものと思われます。

 

補足:ちなみにこれは人代名詞以外ですが、人代名詞+家には以下のような特別な表現があります。

「私の家」→「俺家[おれえ]」「俺ら家[おらえ]」
「お前/君/あなたの家」→「貴方家[あだえ]」。

 

②「人代名詞+の+どご」→習慣的に「人代名詞+ど」と言います。

自称:俺のどご→俺ど 俺らのどご→俺らど
対称:ん前のどご→ん前ど お前のどご→お前ど めのどご→めど あだのどご→あだど

注意:同じ人代名詞でも「あれ」「これ」等といった他称には、このような省略の例は見られません。また、「俺がだのどご」「ん前がだのどご」などの「人代名詞+接尾語『がだ』のどご」も、やはりこのような省略はありません。

 

③「人代名詞+の+ほ[方]」→「人ほ」と言うことが多いです。

自称:私のほう、私のところ→俺ほ・俺らほ 
対称①:君のほう、君のところ→ん前ほ・お前ほ・めほ
対称②:あなたのほう、あなたのところ→あだほ

 

補足:ちなみに、この「ほ」は、標準語の「方[ほう]」の中でも、特に「方向」と「所属組織」を表す「方」です(以下の用例参照)。

①あなたのところではそうなの?私のところではそんな行事やってない。
→あだほでだばんだなげぁ?俺らほでだばそんだ行事やってね。
②私が君の方に手を伸ばしているのに、どうして君はそっちへ手を伸ばす?→俺らん前ほさ手伸べでるあじ、なしてん前そっちゃ手伸べる?

説明:標準語の「私の方が大きい」の「方」のような「比較」の意味を表したりはできないので注意しましょう。

 

参考:「人名詞+の+~」→「の」を省いて「人名詞+~」となることがたまにあります。

俺の部屋→俺部屋 ん前の父さん→ん前父さん 父さんの車→父さん車 おばあちゃんの方→おばーちゃんほ

 

 

 

おわりに

 以上にて、今回の現代秋田弁の勉強はおしまいです。

 

 それではみなさん、また今度。へばなー。

 

対応する近代秋田方言の記事:こちらとなります。

 

 

 

 

 

関連ページ

1.人代名詞・複数を表す接尾語
こちらのページでは、現代秋田弁の人代名詞・複数を表す接尾語についての解説をしていきます。
2.物事・場所・方角代名詞
こちらのページでは、現代秋田弁の物事・場所・方角代名詞について説明していきます。
3.数詞・数量詞
こちらのページでは、現代秋田弁の数詞・数量詞について勉強していきたいと思います。
4.動詞①「五段活用動詞」
こちらのページでは、現代秋田弁の五段活用動詞について解説してまいります。
5.動詞②「五段活用動詞の音便」
こちらのページでは、現代秋田弁の五段活用動詞の音便について解説いたします。
6.動詞③「上一段活用動詞」
こちらのページでは、現代秋田弁の上一段活用動詞について説明していきたいと思います。
7.動詞④「下一段活用動詞」
こちらのページでは、現代秋田弁の「下一段活用動詞」について学習を進めてまいりたいと思います。
8.動詞⑤「カ行変格活用動詞」
こちらのページでは、現代秋田弁の「カ行変格活用動詞」について解説していきたいと思います。
9.動詞⑥「サ行変格活用動詞」
こちらのページでは、現代秋田弁のサ行変格活用動詞について解説します。
10.形容詞①「形容詞語幹の作り方」
こちらのページでは、現代秋田弁の形容詞語幹の作り方について解説していきたいと思います。
11.形容詞②「形容詞の活用」
こちらのページでは、現代秋田弁の形容詞の活用について勉強していきます。
12.形容動詞
こちらのページでは、現代秋田弁の形容動詞について学習を進めて参りたいを思います。
13.指示形容詞・指示副詞・連体詞
こちらのページでは、現代秋田弁の指示形容詞・指示副詞・連体詞について解説いたします。
14.助動詞①「れる」「られる」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「れる」「られる」について説明してまいります。
15.助動詞②「せる」「させる」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「せる」「させる」について勉強して参りたいと思います。
16.助動詞③「ない」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「ない」について解説して参ります。
17.助動詞④「たい」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「たい」について解説します。
18.助動詞⑤「た」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「た」について説明して参りたいと思います。
19.助動詞⑥「らしい」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「らしい」について勉強します。
20.助動詞⑦「ようだ」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「ようだ」について解説して参ります。
21.助動詞⑧「みたいだ」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「みたいだ」について解説を進めて参ります。
22.助動詞⑨「べし」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「べし」について解説します。
23.助動詞⑩「まい」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「まい」について説明いたします。
24.助動詞⑪「だ」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「だ」について解説いたします。
25.助動詞⑫「のだ」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「のだ」について解説致します。
26.助動詞⑬「なさる①」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「なさる」のうちの一つ目について解説を進めて参ります。
27.助動詞⑭「なさる②」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「なさる」の二つ目について説明して参りたいと思います。
28.助動詞⑮「です」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「です」について勉強していきます。
29.助動詞⑯「であります」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「であります」について解説します。
30.助動詞⑰「ます」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「ます」について学習を進めて参りたいと思います。
31.助動詞⑱「なさい」
こちらのページでは、現代秋田弁の助動詞「なさい」について解説していきます。
32.可能表現
こちらのページでは、現代秋田弁の「可能表現」について解説いたします。
33.副詞
こちらのページでは、現代秋田弁の副詞の勉強をしていきます。
34.接続詞
このページでは、現代秋田弁の「接続詞」について説明していきたいと思います。
35.格助詞
こちらのページでは、現代秋田弁の格助詞について勉強したいと思います。
36.副助詞
ここでは、現代秋田弁の副助詞について勉強したいと思います。
37.接続助詞
ここでは、現代秋田弁の接続助詞について勉強します。
38.終助詞
このページでは、現代秋田弁の終助詞について勉強します。
39.間投助詞
このページでは、現代秋田弁の間投助詞について解説しています。
40.感動詞
このページでは、現代秋田弁の感動詞について解説していきたいと思います。
41.接尾語「っこ」
こちらのページでは、現代秋田弁の接尾語「っこ」について解説しております。
43.その他
このページでは、現代秋田弁の文法解説講座のうち、今まで取り扱えなかった項目についてまとめて解説しております。

サイト管理人プロフィール


ホーム RSS購読 サイトマップ
発音篇 翻訳篇 会話篇 韻文篇 参考情報 コラム集1 コラム集2